法律事務所に特化した求人情報

掲載希望のお客様 お問い合わせ

業界最大級の掲載実績 法律事務所の求人情報

求人のお問い合わせ・会員登録はこちらまで 03-6256-9822 メルマガ登録

身だしなみについて

面接を受ける際、意外と忘れてしまいがちなのが身だしなみです。面接官は採用に際して、第一印象を非常に重視しています。
転職ですとつい油断してしましますが、初心に帰って、身だしなみを整えて臨みましょう。

  

スーツ

華美な色・柄のものは避けましょう。黒、紺、灰色が無難な色です。シワはないか、毛玉などはついていないか、汚れが付着していないかなど確認しましょう。ブラシを持ち歩くことをお勧めします。
また、体に合ったサイズであることも重要です。きつくて動きにくい、または大きくてしわが出てしまう場合は、ジャケットだけでも用意しましょう。費用は掛かりますが、面接官によりシャープな印象を与えることができます。

  

シャツ

スーツ同様、派手な色・柄を避け、きちんとアイロンを掛けたものを着用しましょう。色は白が無難です。しっかり第一ボタンも留め、男性の場合はネクタイを締めます。その際に、襟元に汚れがないか、シワになっていないか、ネクタイに汚れがついていないかも確認しましょう。

  

ビジネスシューズを履きましょう。こちらもスーツ同様、華美なものは避け、汚れが無いよう、磨いておきましょう。お辞儀をした際に靴に目がいきます。注意してください。

  

バック

業務で使用する想定で選びましょう。サイズはA4サイズが入るバックが、応募書類を入れる機会が多いため望ましいです。また法律事務員には、裁判所への書類提出という業務があり、書類の持ち運びが発生しますので、今後を考えても用意しておくべきでしょう。またブランド物を使用するのは避けましょう。

  

装飾品など

時計、ネックレス、ブレスレット、ピアスなどは大きすぎるもの、派手なものの着用は控えてください。匂いにも注意が必要です。香水は好き嫌いがありますのでつけすぎるのは厳禁です。面接においてはつけないほうが無難でしょう。また、タバコの臭いがする方はマイナス評価に繋がります。近年は禁煙の職場も多く、喫煙者は不可というところも増えてきました。喫煙者の方は、少なくとも面接の30分前には控えた方がいいでしょう。
面接中は携帯電話の電源は必ずOFFか音が出ない、バイブレーターが作動しないようにしましょう。ネイルはしないか、しても薄いピンクやベージュなど自然な色に留めましょう。

  

身だしなみセミナーのお知らせ

弊社では身だしなみに関するセミナーを開催しています。セミナーでは、面接時の身だしなみで気を付けるポイントについてお伝えするだけではなく、季節ごとの服装や、就業時のオフィスカジュアルについてもお伝えします。
また、実際にその場で参加者の方の身だしなみについてもご相談いただけます。
 
詳細はこちら(別サイトに飛びます)

ページトップへ戻る