法律事務所に特化した求人情報

掲載希望のお客様 お問い合わせ

業界最大級の掲載実績 法律事務所の求人情報

求人のお問い合わせ・会員登録はこちらまで 03-6256-9822 メルマガ登録

法律事務所の求人数と求人の倍率

就職・転職活動をする際に、いわゆる求人の倍率を気にされる方は多くいらっしゃるかと思います。いつどのように結果が出るか見通しが立てにくいものですから、求人の倍率や求人数を知ることで安心したり奮起したいですよね。

 

法律事務所の求人の倍率

法律事務所の求人の倍率については、時期や事務所の規模によってもまちまちで、はっきり数字に出すのは難しいです。
大よその話ではありますが、法律事務所で求人の倍率が比較的低く、入所しやすいのが一般民事系です。一般民事や家事事件全体的に行い、規模を拡大している事務所では業務拡大に伴った採用を行っています。この場合1つの求人につき複数人採用するケースもあります。退職者が出ていなくても継続して募集している事務所もあります。
また、大手企業法務や外資系の正社員職に限定して就職活動を行うと、求人数が少なく求人の倍率は一気に高くなるため採用されにくい傾向にあります。法律事務所での経験や英語力、学歴など活かせる経歴やスキルがないと書類選考の段階で断られる可能性が大きいため、ご自身の経歴を踏まえて活動することで、倍率を下げていきましょう。

 

求人数が増える時期・求人の倍率が上がる時期

求人の倍率を算出することは難しいのですが、求人数が増えて求人の倍率が下がり、採用されやすい時期は概ね決まっています。
法律事務所業界において、9~11月は求人の掲載募集が多い時期となります。理由としては、司法試験合格者が研修を終え、事務所に加わるのが12月、1月であることが多いためです。新人弁護士の入所を見据えて、事務局を充実させるための採用というケースをよく伺います。

 

どの求人サイトから応募するかでも倍率が変わる

大手求人サイトと当サイトのような業界特化型との違いについてご質問いただくことがあります。どちらのサイトから応募した方が、より採用が決定しやすいかを知りたいという声です。その違いについて解説します。

 

大手求人サイト

求人数が多く、バラエティに富んでいるのが特徴です。応募がしやすく、応募状況の管理もわかりやすいため多くの利用者がいます。そのため、1つの求人に多くの応募があるため、倍率が高くなる傾向にあります。応募しても書類選考や面接後の選考結果がわかるまでに時間がかかることが多いと聞きます。

 

業界特化型サイト

大手に比べると業界も絞られ、求人数も少なくなりますが、同じ業界内で求人を比較しやすくなるという特徴があります。大手求人サイトと比べると利用しているユーザーが限られるため、求人の倍率も低めになります。また、急いで募集をしているケースも多く、選考スピードが大手サイトと比べると早いです。
行きたい業界が固まっている場合は、大手求人サイトだけではなく、業界特化型サイトの利用もお勧めします。

 

時期を見極めて、採用される人物像を目指そう

法律事務所では12月以外にも求人募集はあります。ただ、突発的な人材不足や事業拡大のために不定期に採用、職員の退職による欠員募集など、求人の出方は不規則です。そのため、常に求人情報をチェックする必要があります。最新情報を配信するメールマガジンなどを活用して、アンテナを張っておきましょう。
弊社でもLINE@やメールマガジンの配信を通じて、常に最新情報をお届けしております。皆様の効率的な転職活動の実現をサポートします。

 

line@ 

 

他の転職アドバイスのページを参考に、法律事務所に就職する準備をしながら求人探しをしていただければと思います。
他にも、弊社では人材紹介・派遣サービスも行っております。こちらはよりきめ細かいキャリア相談や求人紹介が可能です。

 

・法律事務所の人材紹介・派遣サービス
http://www.legal-bright.co.jp/

ページトップへ戻る