法律事務所に特化した求人情報

掲載希望のお客様 お問い合わせ

業界最大級の掲載実績 法律事務所の求人情報

求人のお問い合わせ・会員登録はこちらまで 03-6256-9822 メルマガ登録

転職成功者の声

転職成功例1 効率よく就職先が決まりました!

seikourei1

〇プロフィール

28歳女性 私立大学文学部卒
前職 メーカーでの一般事務
現職 一般民事を扱う小規模の法律事務所

法律事務所への転職

前職ではルーティーンな業務が多く、日中も時間を持て余すことが多い仕事でした。楽と言えば、楽な環境でしたが、本当にこのままでいいのだろうかと考えるようになりました。将来を考えると漠然とした不安を感じていました。
手に職をつけたいと考え、私でもできそうな専門的な仕事は何か、調べていく中で「女性が長く続けられる仕事」として、法律事務が紹介されていました。その時に、初めて法律事務という仕事があることを知りました。

 

転職で気になったこと

法律事務に興味をもったものの、法律事務所の求人があまりないと感じていました。色々と探していく内に、このサイトを知りました。また、法学部でもない私が本当に就職できるのだろうか?と不安に感じてしまい、応募をためらっていた時期がありました。
本サイトの運営会社であるリーガルブライトの担当者に、お電話で相談をしたところ、法学部ではない方も多数活躍していると伺い安心しました。その後は、応募を進めたところ、とんとん拍子で話が進み、すぐに内定をいただくことができました。

 

法律事務のココがいい!

私が就職した法律事務所、総勢5名の小規模な事務所です。そのため、法律事務以外にも雑務や掃除まで、なんでもやらなければいけません。お客様が少しでも気持ち良くお話できるよう、来客ルームを綺麗に掃除したり、お花を飾ってみたりと自分なりに工夫をしています。前職では、分業化されていましたので、良い意味で新鮮でした。今では、一緒に事務所を作っていくという一体感を感じています。
また、業務は勉強の日々です。事件は様々なことを取り扱いますし、法改正などもあります。正直大変ですが、わからなかったことが理解できると、充実感とともに成長を実感できます。

 

転職を振り返って

現職中ということもあり、情報収集がなかなかうまくいかなかったこと、また応募をためらっていた時期もあり、時間がもったいなかったと思います。今振り返れば、応募は躊躇をしないで、思い切って出した方が良かったと感じています。

 

 

転職成功例2  転職先が探せました!

seikourei2

〇プロフィール

32歳女性 私立大学法学部卒
前職 企業法務系法律事務所
現職 一般民事系法律事務所

法律事務所への転職

前職は、顧問先からの依頼が中心の企業法務系事務所でした。所長との相性も良く、環境としては申し分なかったのですが、クライアントの顔が見えないと感じていました。法律事務所に勤務している友人に話を聞いたのですが、いずれも個人の依頼者が中心の事務所に勤めていました。大変だけれども、お客様に感謝の言葉をいただけるなど、非常にやりがいがあると聞いて、私が勤めている事務所とまったく雰囲気が違うと感じていました。話を聞くうちに、私自身も個人の依頼者からの案件が多い事務所で働きたいと感じるようになっていました。

 

転職で気になったこと

転職活動当初は、一般民事系といっても色々な事務所があり戸惑いました。債務整理や交通事故など一定の分野に特化したところもあれば、様々な案件を扱っているところもあります。また、人数や規模によっても、まったく雰囲気が違うと聞いていたので、どのような事務所を選べばよいか、わからなくなっていました。色々と調べていく中で、このサイトを知りました。
大手求人サイトのように全業種を扱うのではなく、法律事務所専門ということから、安心感がありましたし、他のサイトでは見かけない法律事務所の募集もありました。また、なんでも相談できるということから、リーガルブライトの担当の方に相談できたことも私にとっては役立ちました。

 

法律事務のココがいい!

お客様から感謝をされ、やりがいを持って取り組むことができる仕事です。前職の法律事務所でもそういった場面はありましたが、現在の事務所では個人の依頼者が多いため、より人の役に立っていると実感できます。
業務では、目新しい事件に直面することもあるので、日々勉強が必要なため、大変といえば大変です。ただ、私には向いている仕事だと思いました。今後も法律事務で働いていきたいと思います。

 

転職を振り返って

大手事務所から個人事務所まで求人があり、自分に合った事務所はどこかを選ぶことができました。また、求人情報だけではなく、リーガルブライトの担当の方にも事務所選びの相談できたので、話をしていく中で、私自身がどのような事務所で働きたいのか、整理できたことも大きかったです。

 

 

転職成功例3  営業から法律事務に転職できました!

seikourei3

〇プロフィール

25歳女性 私立大学商学部卒
前職 不動産業界での営業職
現職 企業法務・一般民事を扱う中規模の法律事務所

法律事務所への転職

新卒で入社した前職では営業を行っており、とにかく売り上げを出さなければならないような環境でした。やりがいはあったのですが、残業が毎日深夜まで続き、体を壊す前に転職しようと活動を始めました。
今後結婚・出産も視野に入れ、長く続けられる仕事はないか調べていました。その際に、法律事務所の事務スタッフの求人を見つけ、女性でも長く続けられるという点に興味を持ち、転職活動を開始しました。

 

転職で気になったこと

不動産以外の法律に触れた経験がなかったので、採用してもらえるか正直不安でした。転職活動においては、当初は自己応募で進めており、面接に進むことができたのですが、のんびりとした雰囲気の個人事務所が多く、思い描いていたイメージと違いました。長く働ける環境だったのかもしれませんが、弁護士同士、事務同士が切磋琢磨しているような事務所に行きたいと思いました。法律事務所の求人を探しているうちに見つけたリーガルブライトさんの求人サイトで、「残業があっても構わないので、メリハリを持って働ける法律事務所はありませんか」と伝えた所、現在勤めている法律事務所を紹介していただきました。

 

法律事務のココがいい!

転職先の法律事務所は、企業法務や一般民事を扱う弁護士十数名程の事務所です。「法律事務所はみんな真面目」という先入観を持っていましたが、実際は若々しく、企業のような活気のある事務所という印象を受けました。チームで働くことも多く、お互いに調べたり教え合ったりするなど、刺激的な環境でした。繁忙期は残業もありますが、福利厚生が充実していて、前職に比べると仕事と私生活のバランスが取れるようになりました。

 

転職を振り返って

法律事務所未経験で不安もありましたが、面接では営業の経験を評価していただきました。育休・産休を取って復帰される先輩方も多く、安心して働けそうです。同じチームのみんなと、顧問先や依頼者の方のために協力して働くなど、仕事の時間も以前より充実したように感じています。給与や勤務時間など、仕事を選ぶ際に気になるところはたくさんありますが、「お互いが切磋琢磨できる環境」という優先順位を付けて応募したことで、納得行く転職ができたと感じています。

 

 

転職成功例4 書類添削後、面接に呼ばれるようになり、内定も頂きました!

seikourei4

〇プロフィール

23歳女性 私立大学法学部卒
前職 保険業界での事務職
現職 一般民事を扱う中規模の法律事務所

法律事務所への転職

新卒で入った会社を1年ほどで退職しました。前職は業務量が多くハードだった上、職場での人間関係に巻き込まれてしまったという、消極的な理由からの転職でした。学生時代法律事務所でアルバイトをしており、事務所の社員さんが仕事とプライベートを両立させ、所内でチームとして働いていたのを思い出し、法律事務所へ転職をしようと決めました。

 

転職で気になったこと

初めての転職活動のため、新卒の就職活動では用意しない職務経歴書に戸惑っていたこと、また、前職を1年で辞めてしまったため、応募しても書類選考の段階で落ちてしまう状況でした。
ネットで第二新卒を歓迎してくれる法律事務所の求人を調べていたところ、リーガルブライトさんの求人サイトを見つけました。転職活動全般の相談をしたところ、書類添削もしていただけました。
添削をする中で、大学生時代に1年程法律事務所でアルバイトをしていたことをお話しすると、法律事務所はアルバイトでも経験を積んでいると有利になるため、記載することをアドバイスしていただきました。アルバイトだけではアピールになるか不安だっただけに意外でした。

 

転職を振り返って

法律事務所でのアルバイトについて記載した応募書類を何通か送ったところ、面接に呼ばれるようになり、先日内定をいただきました。
第二新卒で法律事務所へ転職しようとすると情報収集も難しいので、アドバイスをいただけたのは助かりました。

 

ページトップへ戻る