法律事務所に特化した求人情報

掲載希望のお客様 お問い合わせ

業界最大級の掲載実績 法律事務所の求人情報

求人のお問い合わせ・会員登録はこちらまで 03-6256-9822 メルマガ登録

面接対策

面接の基本POINT

面接時の心構え

面接とは自分を最大限アピールするプレゼンテーションの場です。いくら立派なキャリアを持っていようとも、自分を上手く表現できないとなかなか採用には結びつきません。身だしなみを正すのは当然のことながら、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。今までの経歴や自己の能力をしっかりと整理して面接に臨むのが大切です。能力を十分に伝えるためにも具体的な事例を交えながら説明しましょう。要領よく説明できることは、コミュニケーション能力の高さとして評価されます。

 

面接時の質問

・志望動機

目的意識や仕事に対する熱意、考え方を判断されます。明確なビジョンを適確に説明できれば、意欲が高く、前向きな人物であると判断されます。何を実現したいのかを明確に整理して述べましょう。

 

・退職理由

あなたの性格や忍耐力、協調性から仕事に対する考え方までトータルに確かめるための質問です。前向きな転職であれば、そのまま答えても問題ありません。退職した会社や上司への非難などネガティブな発言は避けるべきです。

 

・企業への質問

面接担当者から聞かれたことを答えるだけではなく、仕事内容や会社への疑問点など具体的に質問しましょう。特に仕事内容は面接段階で確認をし、働き始めてから戸惑うことがないようにしましょう。

 

・給与・待遇の質問

原則的に年収に関してこちらから質問することはやめましょう。採用になってからの話です。ただ、前職・現職の年収は質問されることが多いので正確に自分の年収を確認しておきましょう。

 

面接前のチェック一覧

□CHECK01 日頃はラフな服装が許される会社であったとしても、面接はスーツで行くのが基本です
□CHECK02 面接会場の所在地、担当者名、交通機関、所要時間の確認をしましょう
□CHECK03 入室前に身だしなみを改めてチェックしましょう
□CHECK04 面接官の目を見て、明瞭簡潔に答えましょう
□CHECK05 面接官がフランクな態度でも、同じようにくだけた対応をするのは厳禁です
□CHECK06 言葉につまったときは、あわてずにひと呼吸おきましょう
□CHECK07 肩の力を抜いてリラックスして臨みましょう

ページトップへ戻る